モテる話し方マニュアル~女性との会話術

サンチェの会話マニュアル
「無限トーク」

サンチェの会話マニュアル
→「無限トーク」詳細はこちら

女性と緊張せずに話す方法

好きな女性を前にすると緊張して挙動不審になってしまう原因の一つに、嫌われたくないという恐怖心があります。 その恐怖心を取り除き、自信満々で話せる方法を教えます。

女性の会話ルール

会話の目的や進め方において、男性と女性のルールは全く違います。 女性の会話ルールを知らなければ、女性と会話を盛り上げることはできません。

タメ語で話せる関係になる段階の踏み方

敬語で話す相手とは、いつまでたっても親しくなることはできません。 心の距離を縮めるためには、早い段階でタメ語で話す必要があります。 言葉遣いには、「敬語」→「ブレンド」→「タメ語」の段階があります。 できるだけ早く敬語の関係を抜けてタメ語に進むには「ブレンド」を意識するのがコツです。

ポーカーフェイス会話術

綺麗な女性を前にすると舞い上がってしまい、デレデレとした不自然な話し方をする男性はモテません。 かといって、硬派を気取って無愛想な態度をとると、ただの感じ悪い人です。 感じの良い男性は、どんなに綺麗な女性と話していても、まるで古い男友達と話しているように自然な態度で接する人です。 ポーカーフェイス会話術とは、そのような話し方をめざすサンチェ独自のテクニックです。

自信を持って話す方法

堂々として自信に溢れた男性は魅力的です。 しかし、自信に溢れているように見える男性が、本当に絶対の自信を持っているかというと、そうではありません。 むしろ、心の底から自分に自信がある人は、何かがズレています。 大切なのは、自信がなくても、自信があるように見せる方法です。

会話を続けるテクニック

しばしば会話はキャッチボールに例えられます。話しては聞き、聞いては話す。それができると会話が弾み、沈黙の時間などなくなります。 会話のキャッチボールを続けるためには注意するべきルールが4つあります。

沈黙の時間をなくすには

付き合って長いカップルならいざ知らず、これから親しくなろうという女性と会話が途切れてしまうのは避けたいところです。 どうすれば会話が途切れないのか。どうやって相手が食いつく話題をみつけるのか。 これは「会話フォルダ」というテクニックを使うと上手くいきます。

ユアストーリーとマイストーリー

相手の出来事の話題をユアストーリー、あなた自身の話題をマイストーリーと呼びます。 誰でも一番興味のある話題は「自分に関すること」です。だから会話をするときは相手に関する話題、つまりユアストーリーを中心に組み立てるのが盛り上げるコツです ただし、ユアストーリーを引き出すために、ときにはマイストーリーで話を誘導することも重要です。

聞き上手になるコツ

「聞き上手は会話上手」という言葉がある通り、相手の話を上手にひきだして熱心に聞くことができれば、 それだけで相手は楽しい時間を過ごせます。 聞き上手になるために、相手の話を聞くときの心構え、相づちやオウム返しといった基本テクニック、会話のツボをみつける質問の仕方などを 教えます。

15の盛り上がる話題

会話を盛り上げるためには、テクニックだけではなく話題、つまり何を話すかということも重要です。 そこでサンチェの経験にもとづいて、女性と盛り上がる話題を15個紹介します。 デートの前にこれらの話題をメモ用紙にでも控えておけば、何を話せばいいか分からないという事態にはなりません。

会話ネタを効率的に集める方法

若い女性に仕事や政治の話なんかしても煙たがられるだけです。女性と話すなら女性が食いつく最新の話題を用意しておかなければいけません。 しかし、忙しいあなたが日々流れる膨大な情報の中から、女性が喜ぶネタを効率的に仕入れるにはどうすればいいのでしょうか。 サンチェが実践している、お金も時間もかけずに女性が食いつくネタを仕入れる方法を教えます。

「仲間」として認められる方法

仲間以外とは安全な距離を置きたがるのは、人間だけでなく動物全般の習性です。だから女性と恋愛に発展するためには、あなたが「仲間」であると認められることがまず必要です。 仲間とは、「奴ら」ではなく「うちら」に属する人間です。会話の仕方を工夫すると、女性から「うちら」として認識されるようになります。

女性をホメるコツ

古今東西、モテる男性はひたすら女性をホメまくっていい気分にさせようとします。 しかしモテない男性は、女性を前にすると照れてしまうのか、ホメるのではなく逆に憎まれ口を叩いてしまいがちです。 女性のどこホメればいいのか?どんな言葉でホメればいいのか?どのタイミングでホメるのか?どうすれば照れずに堂々とホメられるのか? 女性をホメ倒してあなたの好感度をUPさせる会話術を教えます。

媚びない会話術

女性をホメて喜ばせるのと、卑屈になって媚びるのは大違いです。 女性に媚びだすと、当たり障りのない無難な会話しかできなくなります。無難な会話からは無難な関係しか生まれません。 女性の心に踏み込むためには、「こんなこと言っても大丈夫かな?」というぐらい大胆な言葉を投げかける必要があります。

好印象を与える会話中のしぐさ

会話中のしぐさや顔の表情、身のこなし、視線、声のトーン、話すテンポといった言葉以外の部分をノンバーバル・コミュニケーションと呼びます。 学者の研究によれば、人から受ける印象はノンバーバルコミュニケーションに大きく左右されると言います。 この部分も詳しく教えます。

どこで会話の練習をするか

せっかく会話テクニックや食いつく話題を学んでも、それを披露して練習する場所がなければ会話力はなかなか上達しません。 そこで、職場以外の場所で男女問わず会話の練習ができる場所をいくつかお伝えします。

シチュエーション別に解説

「社内ですれ違ったとき」「休憩室で会ったとき」「飲み会」「二人きりで食事」の4つのシチュエーションで、本書のテクニックをどのように使うか復習をかねて説明します。 あなたが似たような状況に遭遇した時、どのように女性と会話すればいいかイメージすることができます。

→「無限トーク」詳細はこちら